ギター、DTM、VOCALOID、アニメなどについて淡々と書くものです。過度な期待はしないでください。

DiXiM BD Burner 2011 for BUFFALO

以前にBlu-rayドライブと「DiXiM BD Burner」について書きましたが、アニメのバックアップ作業がだいぶ進みました。
今回はその「DiXiM BD Burner」についてもう少し詳しく書いてみたいと思います。

このソフトについては前回も書きましたが、TVやレコーダーなどで録画したデータを、PCのBlu-rayドライブを使ってBD-Rにダビングする為のものです。
ダビング10のルールに則った正規のダビング方法です。

ソフト単体でも販売されていて、「DiXiM BD Burner 2011」「DiXiM BD Burner 2013」があるようですが、私はBlu-rayドライブに付属していた「DiXiM BD Burner 2011 for Buffalo」を使用しています。
操作性や表示の違いなどはあるかもしれませんが、できること自体に大差はなさそうです。

録画データのやりとりはネットワーク(LAN)を使って行われます。
Buffalo社のページに分かりやすいイメージ画像がありましたので拝借しました。

2.jpg

私は「REGZA Z7000」という録画機能付きのTVを使っており、このTVでUSB HDDに録画してあったデータを、BD-Rにダビングします。

新しいBD-Rのディスクを入れると「このディスクはフォーマットが必要です。」と表示されます。

dixim02.jpg

フォーマット開始をクリックするとフォーマットが始まります。
1分もかからず完了し、「書き込み可能」という表示に変わります。

dixim01.jpg

ソフトの操作は簡単で、たったこれだけです。
あとはTV(レコーダー)側で操作します。

録画してある番組を選んで、ダビングのボタンを押します。
「DiXiM BD Burner」の表示が「書き込み可能」になっていれば、ダビング先の一覧に表示されるので、選んで決定します。(画像はPC名を隠しています。)

regza01.jpg

そのまま進めていくと

regza02.jpg

ダビングが始まります。

regza03.jpg

操作はこれだけです。
「DiXiM BD Burner」ではこのような表示になります。

dixim03.jpg

書き込み状況も確認できます。

dixim04.jpg

あとは放っておけばそのうち完了します。
すんなり行けばこんな感じで、設定も操作も簡単でとても便利なんです。
が、問題はすんなり行かなかったりするところです。
私の環境では色々問題が発生し、少し手間がかかりました。

つづく
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加   web拍手 by FC2

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

RSS

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。